SCALE

SHOKO FUKUYAMA

福山 祥子

2007年入社

熊本カンパニー
営業所 内務担当

Photo

PROFILE

ワークライフバランスの強化を推進するブリヂストンタイヤジャパン。結婚・出産後も多くの女性社員が働き続けている。営業所で内務担当として活躍する福山祥子も、働くお母さんだ。結婚・出産・休職を経て、持ち前の明るさと元気さで営業所と家庭を支えている。現在は第二子を妊娠中。「もちろん第二子出産後も働き続けます」と笑顔を見せる。

CAREER

2007年4月に新卒で入社。西日本支社の総務部門を経験後、2012年より営業所の内務担当。(2016年に第一子出産のため産前産後休暇・育児休暇を取り、2017年復職。2019年1月より第二子出産のため産前産後休暇・育児休暇を取得。)

CHAPTER.01内務の仕事

____ 内務の仕事内容は?

内務担当は営業所の電話による総合窓口として、当社取扱商品の問い合わせ対応から、受注対応、受注後の仕入れの手配まで担当します。同時に、営業所の会計係として、伝票発行や入出金処理、経理業務なども手がけます。私たち内務担当は、単なる事務処理係ではなく、営業所の業務をいかに円滑にまわすかがミッションです。スムーズな流通体制を確保するため、受注量などに応じて倉庫にストックさせるタイヤ在庫量の調整や、お客様への納品数量などの提案を、営業所長や営業担当に行うこともあります。

____ 喜びややりがいを感じる時は?

お客様から急ぎのタイヤ発注があった際、当営業所に在庫がなければ他営業所等に問い合わせを行います。何とか探し出し、お客様から「さすが福山さん!福山さんに頼んで良かった!」と感謝された時はとてもやりがいを感じます。また、電話で「どういうタイヤがいい?」とお客様から相談されることもあるのですが、自分が行った提案が受注につながった時は大きな喜びを感じます。営業担当と同様に、ブリヂストンブランドを支える一人としてお客様のご要望にしっかり応えられるようにしています。

CHAPTER.02出産・復帰

____ 妊娠時の周囲の反応は?

2016年に第一子を出産しました。妊娠がわかった時、営業所のみんなから「おめでとう!」と祝福されたことが印象に残っています。当時、産前産後休暇と育児休暇は、出産予定日の1ヵ月前から取得する予定を組んでいました。しかし、早産予防のため急遽管理入院が必要となり、予定より2ヵ月も早く休暇をとることになったのです。営業所長や人事担当者に報告したところ、柔軟に対応してくれ、増えてしまった休暇分は年次有給休暇を充当する提案をしていただきました。みなさんのあたたかい対応に感謝の気持ちでいっぱいです。

____ 復職後の働き方は?

1年ほど休暇をとったため、復職前は不安でした。しかし、久々に出社すると営業所のみんながあたたかく迎え入れてくれ、不安が吹き飛びました。たまたま電話をかけてきたお客様に「帰ってきたんだね。おかえり!」と言っていただき、涙がこぼれそうになりました。復職後は、子どもを保育園に送ってから、出勤しています。短時間勤務制度を利用している人も多いですが、私は大好きな仕事を頑張りたいという想いがありフルタイムで働いています。仕事のスケジュール調整をしっかり行い、定時にはきっちり退社しています。

____ 復職後に利用している制度は?

子どもが熱を出した時などは、年次有給休暇制度と当社独自の看護休暇制度を利用しています。休暇制度が充実しているので、子育てがしやすい環境です。加えて、当社には助け合う風土があります。営業所のみんなが嫌な顔ひとつせず私の業務をサポートしてくれ、営業所長も「こっちは気にしなくていいから、子どもの面倒をみてあげて」と優しい言葉をかけてくれます。制度だけではなく、多くの人に支えられることで仕事と育児の両立を実現できているのだと思います。

CHAPTER.03これからについて

____ 会社の魅力と今後の目標は?

私が所属する営業所は家族のようなあたたかさがあり、何でも話し合える雰囲気です。悩みがある時もみんな親身になって相談にのってくれます。人間関係で悩んだことは一度もありません。働きやすさこそ当社の魅力だと思います。だから、結婚した時も妊娠した時も仕事を続けることしか考えませんでした。ブリヂストンタイヤジャパンというフィールドが、私は大好きです。第二子の出産もひかえているのですが、二児の母となっても大好きな職場でずっと仕事を続けていきたいと考えています。

CHAPTER.03学生さんへのメッセージ

車を支える大切な役割を担っているのが「タイヤ」なら、営業所を支える縁の下の力持ちは「内務担当」です。それだけ営業所にとって重要な存在だと自負しています。だからこそやりがいもあり、充実した日々を送ることができます。また、当社は女性が安心して働き続けていける会社です。実際に私以外にも結婚や出産をしている人がたくさんいますが、辞める人はほとんどいません。当社に興味がある方はぜひ一緒に働きましょう。やる気と元気があれば大丈夫です。専門知識は入社後にどんどん身についていきますよ。

一日の流れ(例)

09:00 始業
子どもを保育園に送ってから、始業時間の少し前に出社。
机の上を整理するところから一日が始まる。
    朝礼
営業担当や配送担当とともに参加。オペレーション面で問題などがあれば、ここで報告。
10:00 デスクワーク
お客様からの電話やメール対応、伝票発行、タイヤ発注など、様々な業務を並行して行っていく。
12:00 昼食
手作り弁当を食べながら、所長や営業担当たちと談笑。
13:30 外出
銀行に行き、お客様からの回収金の預け入れを行う。
その後、営業所に戻り、再びデスクワーク。
17:00 打ち合わせ
営業担当が戻ってきたら、電話で得たお客様の情報を共有。
営業担当からもタイヤ発注依頼を受ける。
17:45 終業
帰宅後は、家族で夕食。おかずは前日の夜に準備している。子どもの笑顔に癒やされる。