SCALE

KOHEI YOSHIDA

吉田 幸平

2003年入社

兵庫カンパニー
営業所 所長

Photo

PROFILE

ブリヂストンタイヤジャパンの将来性、安定性に惹かれて入社した吉田幸平。元々、車好きで、F1観戦の際によく見るブリヂストンブランドに憧れを持っていたという。入社後は数多くの表彰を受けたトップセールスとして走り続け、37歳で営業所長となり最強のチームづくりを進めている。

CAREER

2003年4月に新卒で入社。営業担当として複数の営業所を経験し、2009年に営業主任、2013年に営業副所長となり、2017年から営業所長就任。

CHAPTER.01営業担当時代

____ 営業担当時代の印象深いエピソードは?

営業担当になってすぐ、先輩から「営業にとっていちばん大事なことは、目標を達成したいという気持ち」と教わりました。漠然とした話で、その時はピンときませんでしたが営業担当を続けていくうちに、その意味が少しずつわかっていきました。営業担当の仕事は「これをやったら終わり」というものではありません。「もう一件多く訪問する」「もう一歩踏み込んで考え提案する」「もう一段良いサービスを提供する」…そういった「さらに上」を目指す気持ちが、成果を左右させますし、自身のやりがいにもつながります。このことに気づいてから、営業成績が上がり個人表彰を多くいただけるようになりました。
(※現在は営業所全体の成果が重視されているため個人表彰は行われていません)

CHAPTER.02ターニングポイント

____ キャリアの転機になったのは?

2009年に営業主任となり若手営業のリーダー的存在としてマネジメントや育成などを行うようになりました。しかしその時はまだプレーヤーとしての意識が強く、自身の営業活動が主体でした。私にとっての最大の転機は2013年に副所長になった時です。副所長という役割をいただいたことで営業所のマネジメントを重視するようになり、営業所長になることを意識し始めました。特に2015年から配属された営業所では当時の営業所長から営業所全体を見ることの重要性やノウハウを学び、マネジメント力を身につけることができました。

CHAPTER.03営業所長になった今

____ 営業所長になったのは?

2017年に営業所長に任命されました。当時、入社14年目で37歳でした。40代の営業所長が多い中「こんなに早く所長に!」と驚いたことを覚えています。所員は7人で営業担当4人、配送担当2人、内務担当1人のメンバー構成でした。実際、営業所長になると責任の大きさは想像以上で、各営業担当が成果をあげられるかどうか、配送が効率的に行われているかどうかも全て自分ごとになります。しかし自分の想いや戦略を軸にして営業所を動かしていけるといったやりがいがあり、それが営業所の売上向上につながった時は大きな喜びを感じます。

____ 営業所長として心がけていることは?

私は営業所を管理するというより、営業所員と同じ目線で一緒になってチームを創り上げていくいうスタンスで取り組んでいます。そのため、一方的に目標を押し付けるのではなく、「どう動くか」「どうすれば結果につながるか」といったところまで一緒に考えコミュニケーションをとるようにしています。また同じチームとして配送担当や内務担当にも心を一つにして業務に取り組んでもらっています。役割は違ってもお客様から見れば全員同じブリヂストンタイヤジャパンのスタッフです。例えば配送時や電話応対時にきちんと目配り、気配りができるかどうかも重要事項です。そういった配慮を当たり前に行うことでブリヂストンファンの販売店をさらに増やしていくことができます。

____ 営業所長になって嬉しかったことは?

営業担当は、一度目標を達成する喜びを味わったら、また次も達成したいと思うようになるものです。以前、なかなか結果を出せない新人営業担当がいたのですが、さまざまなサポートや売れるきっかけづくりを行ったところ、成果を出し始め目標を達成できるようになりました。今では営業所で頼れる存在に成長しています。このように所員が成長する姿を見るのが営業所長としていちばん嬉しい時です。そして、所員一人ひとりの頑張りによって、私の所属する営業所は社内の営業所コンテンストで継続的に表彰されています。これは当営業所の所員がチームとして同じ方向性を共有できているからだと自負しています。

CHAPTER.03学生さんへのメッセージ

チームで一丸となり目標をクリアできた時の達成感は格別です。そして世界のトップブランドのブリヂストンタイヤを扱うことにより、私たちは誇りと自信を持って働くことができます。 是非、私たちと一緒に世界No.1を支える存在になりましょう。

一日の流れ(例)

09:00 始業
始業時間より少し早めに出社し、前日に提出された営業担当の日報をチェックし、
アドバイス・コメントを記入。
    朝礼
その日の実施事項、売上状況、直近で感じたことや、問題点などを全員で共有。
09:30 同行営業
この日は新入社員と営業同行。午前中に7件訪問。
12:00 昼食
レストランで新入社員と一緒にランチ。趣味のサーフィンの話で盛り上がる。
13:00 営業所での作業
営業所に戻り、配送担当と打ち合わせ。タイヤの在庫状況や配送状況などを確認。
16:00 勉強会
販売店のアルバイト向けに、タイヤの勉強会を行う営業担当に同行。お客様にご挨拶。
17:00 営業所での作業
営業所に戻りデスクワーク。
営業所に戻った営業担当に対し販売進捗状況のヒアリングと翌日の行動指示を行う。
17:45 終業
一日のまとめと次の日の準備をし19:00ごろ帰宅。
終業後はまっすぐ帰宅し、家族と食事。時には所員たちと飲みに行くことも。