SCALE

MICHINORI YAMASHITA

山下 通宣

2015年入社

福岡カンパニー
営業所 営業担当

Photo

PROFILE

福岡県育ちの山下通宣。地元の大学でマーケティングを学び、ビジネスの面白さを発見する。アルバイトではゴルフ場でキャディーを経験し、人とコミュニケーションをとる仕事のやりがいを知る。現在は営業所の営業担当として、地元のために働く喜びを実感している。

CAREER

2015年4月に新卒で入社。営業所で配送業務を経験し、2016年4月より営業担当。

CHAPTER.01地元で働く

____ 地元で働くことを選んだ理由は?

子どもの頃から、父に連れられブリヂストングループのタイヤショップやカーディーラーによく足を運んでいました。父が信頼する店舗の方々に私も親しみを持っていました。就職活動時は、そういった方々のように地域に密着し、地元のために働いていける会社に応募をしていました。その中でもブリヂストンタイヤジャパンを選んだ理由は、世界トップブランドのブリヂストンタイヤを扱う優良企業で地元勤務ができるからです。人と話すことが好きだった私は、この会社の営業担当として「人から頼られる存在」になろうと決意しました。

____ 地元で働く魅力は?

内定後に希望勤務エリアに関するアンケートがありました。私はもちろん地元である福岡県勤務を希望し、県内の営業所に配属となりました。入社2年目に営業担当となってから、私は子どもの頃によく行っていたカーディーラーを訪問しました。すると、店舗の方が「山下さんの息子さん?小さかったのに立派になったね」と声をかけてくれました。この時、子どもの頃にお世話になった方々と地元のために働けることに、ワクワクしたことを覚えています。慣れ親しんだ方がお客様だと距離が一挙に縮まります。また、私はつい最近結婚したのですが、将来子どもができた時も一つの地域で働いていけることは大きな魅力だと思います。

CHAPTER.02営業の仕事

____ 提案型営業の仕事内容は?

私たちの仕事はタイヤの商品説明だけではありません。エンドユーザー向けの販促イベントや、販売店スタッフ向けのタイヤセミナーなどを企画提案し、販売店がタイヤを売れる仕組みやノウハウを提供します。営業の際、私が心がけていることは、お客様と誠実に向き合うことです。お客様が抱えているさまざまな悩みにしっかりと耳を傾け、それを解決するために全力を尽くします。そうすることで信頼関係が生まれ、お客様に頼られるようになります。最近は、タイヤのことならまず私に相談していただけるお客様も増えてきました。

____ 印象深いエピソードは?

他メーカーとの取引が中心のあるお客様がいました。私は何度も訪問し、さまざまな角度からアプローチを続けていました。最初の訪問から1年が過ぎようとした頃、そのお客様から「ブリヂストンタイヤの販売イベントを実施してほしい」と声をかけられました。1年間の頑張りが報われた瞬間でした。私はイベントに向けて、テント、ディスプレイ、POPなどを使った演出企画や、販売スタッフの方々へのレクチャーも繰り返し実施しました。その結果、イベントは大成功し、お客様から「300本もタイヤを販売できた。ありがとう!」という感謝の言葉をいただきました。通常は1ヵ月イベントを実施しても売上は100本程度です。3倍の成果を出すことができ、大きな達成感を味わいました。

CHAPTER.03これからについて

____ 今後の目標は?

営業で困った時、営業所長に相談をすると自分の思いもつかないアイデアやアドバイスをいただけます。営業所長は知識量や引き出しが段違いに豊富で、話を聞くととても勉強になります。以前、当社と10年以上取引がなかったお客様が、当社をメインの取引先として選んでいただいたことがあります。その実現の際にも営業所長の強力なバックアップがありました。私も営業所長のように知識や営業技術を身につけ、お客様から全てを任される存在になることが目標です。そしていつかは自分自身が営業所長となり、地元に大きく貢献する営業所をつくっていきたいです。

CHAPTER.03学生さんへのメッセージ

当社は社員のやる気を尊重してくれる会社です。「これがやりたい!」といった想いがあれば、存分にチャレンジさせてくれます。悩んだ時や困った時には上司や先輩がフォローしてくれます。また、休日もしっかりとれるので、私はショッピングやゴルフでリフレッシュしています。仕事やプライベートで学生時代の友人と会うことも多く、そのような時は地元勤務を選んで良かったと思います。

一日の流れ(例)

09:00 始業
まずはメールチェック。週2日はみんなで社内を掃除する。
    朝礼
営業所長の挨拶から始まり、その後、営業担当が一人ひとりスケジュールを報告。
伝達事項があれば、ここで情報を共有する。
10:00 営業活動
得意先を訪問。午前中だけで最低5件は訪問するようにしている。
12:00 昼食
行きつけの定食屋さんへ。大好きな生姜焼きを食べ、午後に向けてパワーを蓄える。
13:00 営業活動
午後も得意先を訪問。この日はたて続けに発注がくる。
15:00 イベント応援
自分が提案した得意先のタイヤ販売イベントの応援に。盛況でお客様から感謝される。
17:00 営業所での作業
会社に戻り、上司に本日の活動内容を報告。その後、お客様に提出する企画書を作成。
17:45 終業
車通勤のため、一旦帰宅してから、電車で先輩と食事へ。悩みを聞いてもらいリフレッシュ。
冬季の繁忙期は2~3時間残業することも。